Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Schi Heil と叫ぶために

hiroakiuno's blog

政治とゲーム機 どちらも古き良き時代へ

連休から帰ってきたら任天堂岩田社長の Wii のプレゼンが話題になっていた。家族で遊べるというコンセプト。

一方、テレビではポスト小泉三人衆の政策論争。年金問題とか消費税とか学校改革とかいろいろあるが、ほぼ決まりの安倍さんが掲げるのが美しい日本というコンセプト。

次世代ゲーム機と次世代の政治。なんとなく共通しているのは、人と人とのつながりとか、みんなで支えあってみたいな、古き良き時代の暖かい日本を思い起こさせることだろうか。一人よりも大勢で遊ぶほうが楽しい。誰かと一緒にいるほうが楽しい。連休中に感じたそんな当たり前の気持ちをやっぱり誰もが求めているのかもしれない。格差社会が進み住みにくくなっている日本、高機能化の方向に進んで行き詰ったゲーム機。向かうべき先は同じなのかもしれない。

技術的に興味を持ったのは Wii の似顔絵チャンネル。言ってみればただのアバタなのだが、今までのネット上のアバタとは何かが違う気がする。自分の顔を持つキャラクターで遊べればのめり込み方も違うだろうし、アバタが成長すれば業界の囲い込みにもなる。あと入力インターフェース。いろんなコントローラーは面白いのがだが、ネットと家電の融合を考える上で避けて通れないテキスト入力インターフェースに関しておもしろい解答が無かったのが残念。