Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Schi Heil と叫ぶために

hiroakiuno's blog

笑いのネタは最小公倍数

話を盛り上げる技術の一つに、そこにいる人はほぼ全員が分かるけど、それ以外の人だとほとんど分からないというギリギリの話題を選ぶことがあると思う。

一番簡単で使い勝手が良いのが内輪ネタでのツッコミ。誰かが何か発言した後に「それって○○と同じじゃん」と言うだけ。○○はそれまでに出た内容の天丼だったり、みんなの知っている誰かの失敗話だったり選択肢は様々だが、「それってうちらには分かるけど他の人にはわからないでしょ」というツッコミがさらに出たときは経験的に間違いなく笑いが起きている。

同窓会でなぜか毎回同じ話で盛り上がるのも、会社の会議で業界裏話みたいなのがうけるのも、お笑い芸人のネタにあるあるネタが選ばれることが多いのも、これでうまく説明できると思う。