Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Schi Heil と叫ぶために

hiroakiuno's blog

ローマ・パリの旅 - パリ中心部

まずはその雰囲気に魅せられたパリの北端にあるモンマルトル。高台にそびえ建つサクレ・クール聖堂もすばらしかったが、モンマルトルの丘から眺めるパリの景色と、無名の画家たちが絵や似顔絵を描きに集まっているテルトル広場の雰囲気が、何度も深呼吸をしたくなるようなすがすがしい空間でした。

続いてルーブルからコンコルド広場・シャンゼリゼ大通りを経由して凱旋門まで散策。距離にして3kmくらいでしょうか。あいにくの雨でしたがさすがにテンションが高いのでまったく苦にならず。


パリ発祥の地というセーヌ川に浮かぶシテ島。こちらへはノートルダム大聖堂(写真左)を見るために訪れたのですが、最初こっちだと思って間違って入ったサント・シャペル(ガイドブックによるとこっちも十分有名)にむしろ感動しました。狭い階段を上がり一面に広がる礼拝堂のステンドグラス(写真右)を見た瞬間の、胸のあたりが急にスーッとした感じはまだ覚えています。

パリ近郊編へつづく。