Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Schi Heil と叫ぶために

hiroakiuno's blog

平城遷都1300年の奈良へ

実家に帰省したついでに、平城遷都1300年祭の奈良まで足を延ばしました。

至る所にせんとくん。関東にいるとあまり感じなかったけど、さすがに地元は盛り上がっている。いろいろあって、せんとくん、まんとくんなーむくん三つのマスコットキャラがいるらしい。どないやねん。

総工費100億円で西大寺駅近くが一大観光スポットに。それぞれの建物は当時の場所に復元したそうだが、そのせいかテーマパークとしては入口の朱雀門からメインの第一次大極殿までが遠すぎる。パンフレットを見ると会場全体は甲子園30個分らしい。もちろん数え方に東京ドームや皇居を使わないのが関西流。

せっかくなので一泊して奈良公園の方へも。よく考えたら小学校の修学旅行以来。

宿泊は飛鳥荘という興福寺近くの旅館にて。いい宿でした。

夜は興福寺の五重塔がライトアップされていた。周りを片付けていたお坊さん曰く、寺を見るのは夜に限ると。確かに昼間はいわゆる観光地のにぎわいだが、同じ世界遺産でも夜は人も少なく静かで味がある。

旅の最後はいづうの鯖寿司と最初から決めていた。学生時代の祇園のバイトで知った京都うまいもんの一つで、前回京都に行った時新幹線の改札内でも売っていることを発見。たったこれだけで2,205円と値段は多少ビビりますがうまいんです。ちなみに、売り場は改札入ってホームに上がる前の広いお土産売り場の一番奥です。