Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Schi Heil と叫ぶために

hiroakiuno's blog

書評 - もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

books

話題の「もしドラ」を読んでみた。小説としては本当にベタなんだけどなんか引き込まれる。その上ドラッカーのマネジメントとなんか書いてあるので自己啓発本的な魅力もある。内容よりもこういった企画を思いついた発想に感心した。

予備知識なしで読み始めると、甲子園を目指す内容で主人公の名前が「みなみ」。これだけでなぜかテンションが上がるのは今の高校球児もそうなんだろうかとふと思った。

いくつか「マネジメント」から引用がある中で自分が一番印象に残ったのが、

自らのアウトプットが他の人のインプットにならない限り、成果はあがらない。

という部分。そして

組織の目標を専門家の用語に翻訳してやり、逆に専門家のアウトプットをその顧客の言葉に翻訳してやることもマネージャーの仕事である。

ちなみにこの著者のブログははてなのホットエントリにもよく上がっていて知っていた。秋元康氏と AKB48 のプロデュースにかかわっていた人らしい。ただ、この本を読み終わった後はじめて著者の写真を見たのだが、さわやかなストーリーから予想できない おっさん だった。まあイラスト書いているのは別の人だろうけど。

ちょうど明日はリアルな甲子園も決勝戦。顧客が価値ありと求めている野球を見せてほしい。