Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Schi Heil と叫ぶために

hiroakiuno's blog

ニュース記事で行った気になる 2011 CES まとめ (その3)

その2の続き。

CES は閉幕し 2011 CES Award なんてのも発表されたようだ。山ほどあるタブレット部門のベストタブレットは Motorola の Xoom という Android 3.0 マシンらしい。逆に Worst Products とか Strangest Gadgets なんてアメリカらしいレポートもある。
そんな中 The Coolest Android Gadget として紹介されているこちらのスキーのゴーグルは強烈。

元々 GPS と小型の液晶をゴーグルにつけて、滑りながら速度や高度が分かるという商品だったらしいが、それに Bluetooth をつけて音楽が聞けるようにしたり、滑りながら電話がかかってきても受信できるようにしたり、スキー場のゲレンデマップが確認できたり、目線に仕掛けたカメラで取った動画はそのまま Net にアップできたりとかなりの猛者である。ヘッドマウントディスプレイって、わざわざそんなもの付けるかという所が一番のネックだが、スキーであればどうせゴーグルは付けるので、ひょっとするとありかも知れない。山スキーとか地図がすぐ見れるとホント便利だし。

Recon の次世代液晶ゴーグルは Android + GPS + Bluetooth - Engadget Japanese
早くもここまで来たか! Androidケータイとスキーゴーグルが合体しちゃった... : ギズモード・ジャパン

CES のような展示会はこういったマイナーだけどきらりと光るものを見つけるのが楽しいのだが、さすがに実際に足を動かしたり、せめて現地のブログやアレゲなサイトをくまなくチェックしないと厳しい。逆にメジャーどころは日本語のニュースを見ているだけでもそこそこチェックできる。

そんな中、日本ではあるがパイオニアの iPhone クレードルカーナビは目にとまった。
[CES2011]パイオニア,クレードルでiPhoneカーナビの位置精度を向上,GPSや加速度センサ,ジャイロを内蔵:ITpro
スマートフォンに吸収されるのか、デジカメのように踏ん張るのか、微妙な立ち位置にきたカーナビだが、頑なに吸収を拒むわけでもなく、かと言ってスマートフォンに用意された道具だけで満足するわけでもなく、クレードルという形で GPS や加速度センサの精度を補うことでカーナビを実現したという柔軟なアイデアは素晴らしいと思う。