Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Schi Heil と叫ぶために

hiroakiuno's blog

素数を最初に見つけたのは蝉?

日経が売切れだったので読売を買ってみたら面白い記事を発見した。

北米に17年ごとに大発生する「17年セミ」という蝉がいるらしい。ご存知セミは一生のほとんどを土の中で過ごし、地上に姿を見せるのは最期のほんの短い期間のみ。その周期が17年のセミ。他に周期が13年や7年のセミもいるらしい。ポイントは全て素数だということ。

セミは、天敵とできるだけ重ならないような周期で発生するのが有利だ。どんな数の倍数とも重ならない数。それは素数。セミの発生間隔が素数年になるのには、ちゃんと理由があったのだ。

記事には、「セミが子孫を絶やさぬよう進化の過程で身につけた戦略」とあるが、16年や18年のセミもいたけど天敵の周期とかぶってやられてしまい淘汰された、進化というか素数セミだけが残ったと考える方が分かりやすい。

こちらに解説があった。

絶滅したと思われる種も実は周期が大きな素数なだけだったりして。