Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Schi Heil と叫ぶために

hiroakiuno's blog

もし会社を興すならあいつにはメンバーに入って欲しいと思われる人になりたい

一ヶ月ほど前になるが会社で研修を受けた。丸一日同世代の仲間とキャリアについて考える研修で、過去の自分を振り返り、現在の自分を分析し、これからの自分を考える非常に良い機会だった。またいろんな人の考え方を聞き大いに刺激を受けた。会社という狭い中にもすごい奴はたくさんいるものだと。

もちろん研修なんて無くとも自己啓発のことはよく考えるし、会社には毎年「5年後の自分」というタイトルで自分を見つめ直す機会もある。しかし単純に一人で目標を立てるだけだと、どうしても自分の価値観を中心に自分が得意なことと日ごろ感じている課題をあわせただけの目標となりがちである。研修ではそこからスタートした。つまり、自分の得意なことや持っているスキル「CAN」と、自分が重要だと思っている価値観やこだわり「WILL」。その二つだけで今後のキャリアを考えると単なる自己満足にすぎないということだ。これは私にとって発見的で非常に重要なヒントだったように思う。「WILL」「CAN」に加えて組織から求められてている役割や周囲からの期待である「MUST」を要素として加えることで、あなたの中長期的なビジョンが見えてきますよ。それが研修の一番のメッセージだったと思う。

お陰で気づいたことはたくさんある。例えば「まずは出来ることをやる」「利害関係者のニーズを常に頭に入れておく」「人脈ネットワークの構築は重要」というような、もちろん頭では分かっていたが研修前ではわざわざ優先的には挙げなかった要素が見えてきた。

以上を踏まえて、「あなたのビジョンを紙に書いて壁に貼ってください」という課題が出た。数分考えて私はこう書いた。

もし会社を興すならあいつにはメンバーに入って欲しいと思われる人になりたい。

研修を受ける前の自分ならもう少し利己的な表現だったと思う。