Schi Heil と叫ぶために

hiroakiuno's blog

無人店舗ってよく考えたら自動販売機。でも顔や行動センシングに慣れられるかどうか。

Amazon Go などの無人店舗。未来を感じさせつつもレジ打ちという人の仕事がなくなる懸念の例として挙げられる。

でもよく考えたら無人店舗って自動販売機。自動販売機のルーツは紀元前215年の古代エジプトの聖水(つまり水)の自動販売機まで遡るらしい。

この書物によると、紀元前215年ごろエジプトの寺院に"いけにえの水"を売るために使用された硬貨操作式装置の説明があり、上部の投入口に5ドラクマ貨を入れると、その硬貨の重みにより受け皿が沈み込み、出口をふさいでいたふたが梃子の作用によって開き、受け皿が元に戻るまでの時間、水が出てくると言う仕掛けであった。
飲料自動販売機技術発展の系統化調査

ちなみにこの初代自動販売機は、あのヘロンの公式のヘロンが考えたらしいとか。

従来の自動自動販売機と今の無人店舗違いは、人の顔や行動のセンシングとデータの活用。
www.nikkei.com

この記事で挙げられている例としては以下がある。

  • アマゾンのコンビニ「アマゾン・ゴー」
  • アリババの食品スーパー「盒馬鮮生(フーマー・フレッシュ)」
  • アリババのカフェ「淘咖啡(タオカフェ)」
  • 京東集団(JD.com) の無人スーパー
  • 米Standard Cognition(スタンダード・コグニション)
  • 米Zippin(ジッピン)
  • 米Caper Labs(ケイパーラボ)
  • 中国のBingobox(ビンゴボックス)
  • 中国のXiaomai(小麦)
  • 中国のXingbianli(猩便利)
  • 米Farmer's Fridge(ファーマーズ・フリッジ)
  • 米Cafe X(カフェX)
  • 米Cargo(カーゴ)
  • 米Dirty Lemon(ダーティーレモン)

現金主義の日本でも人手不足を理由に徐々に広がっていくのかもしれない。

普及の鍵は商品認識精度なんて記事もあるが、私はそうではなく上記の記事にあった以下が鍵だと思う。

米国とは異なり、中国の客は既に顏を常に見張られるのに慣れているのだ。

この意味では、パソコンをすっ飛ばしてスマホが一気に普及した新興国のように、変なしがらみが少なく、デメリットよりもメリットに目を向けられる新興国の方が有利だろう。リバースイノベーションの典型例。

光ファイバーより宇宙経由の光通信の方が早い

この記事面白い。

同じ光とは言え、屈折しながら進む光ファイバーの光は真空中の光より時間がかかる。よって距離が長くても一度宇宙に出て戻ってくる方が早いケースがあるらしい。

光ファイバー通信は確かに速いが、真空中の光通信よりは遅い。光速は屈折率で規定される(反比例する)ためだ。我々は、光速が物理の上限となる真空中での光通信技術によって、究極を追いかける。」
(略)
光ファイバー中の光速は、光を伝搬させるコア部の屈折率を1.5(石英ガラスの一般的な値)とした場合に秒速20万キロメートル(km)となる。一方、真空の宇宙なら秒速30万kmだ。このため、宇宙空間での光通信は衛星を経由しても、光ファイバー通信よりも低遅延にできる場合がある。

そんなもの何に使うかというと現時点では金融取引もあるし、さらに先にはリアルタイムなグーグルアースみたいサービスが考えられるそうだ。

既に金融取引などにおいて、マイクロ秒(μs)オーダーの低遅延を売り物にする通信サービスは定着している。今後、こうした高付加価値サービスの需要を新型衛星通信サービスは獲得できる可能性がある。

低遅延の光通信網では、衛星から多画素のイメージセンサーで地球を撮像し、その画像データを地上でリアルタイムに活用できる環境を目指す。

リンカーンとアインシュタインの名言

If I had eight hours to chop down a tree, I would spend six of them sharpening the axe.
もし8時間、木を切る時間を与えられたら、そのうち6時間は私は斧を研ぐのに使うだろう。
エイブラハム・リンカーン

https://www.lincoln-lifetime.com/quotation/post-60:tltle

If I were given one hour to save the planet, I would spend 59 minutes defining the problem and one minute resolving it.
私は地球を救うために1時間の時間を与えられたとしたら、59 分を 問題の定義に使い、1分を解決策の策定に使うだろう。
アルベルト・アインシュタイン

1時間のうち、59 分を 問題の定義に使い、1分を解決策の策定に使う |

40代の将来に対する漠然とした不安の原因

ネットの普及により 2020年までにアメリカの労働人口の43%がフリーランスになるらしい。ちなみに、フリーランス (freelance) という単語は、中世の槍騎兵 (lancer) に属さない (free) 兵士というところからきている (by NHK 実践ビジネス英語)。

フリーランスにも関係する、ネット時代の新しい働き方関係の用語を見ていくと、クラウドソーシング、クラウドワーカー、シェアリングエコノミー、ビューマンクラウド、デジタルワーク、ギグエコノミー、テレワーク・リモートワーク、ノマドワーカー、ワークシェアリング、副業・兼業、パラレルキャリア、ワークライフバランス人生100年時代などがある。ちなみに、ギグエコノミーのギグ(gig)とは単発・短期の仕事という意味 (by これも NHK 実践ビジネス英語)。

で、何を言おうとしているかというと、なんだか最近感じる漠然としたストレスというか不安は、なにも 40 代になったから だけでなく、働き方が大きく変わりつつあり、ゼネラリストではなくスペシャリストが求められる時代の変化が原因なんじゃないかと思ったこと。

働き方改革というと、残業を減らすという方向に話が向くことが多いが、なんかそれだけではない気がずっとしていた。むしろ働き方改革というのは、減らした残業の時間で、人生100年時代を生き抜くために必要なスペシャリストの仕込みをしておかないと、残業減って、仕事も減って、給料も減って、ロボットに置き換えらえるということになってしまうのではないかと思った。そこをクリアするとこの40代の漠然とした不安が解消されるのかもしれない。

日常にある人手不足問題

Amazon のデリバリープロバイダ問題 にはまりプライムの急ぎの荷物が届かなかった。理由は近くまで行ったが家が分からなかったと。
郊外のデニーズに立ち寄ったら客はたくさんいるのにも関わらず、店員が全く足りてなくて思いっきり待たされた。休日の19時過ぎの書き入れ時の時間帯。料理を運んでくるたびにすいませんと言っていた。
家の近くのスーパーやお店がセルフレジになっていた。オリジン弁当では注文して 600円ですと言われたので 1000 円渡そうとしたらそちらの機械にお願いしますと。

働き方を変えなければ社会が持たないのはわかる。一方で、自分の感覚やペースやこだわりを変えるというのは難しい。

書評 - 図解入門現場で役立つ電源回路の基本と仕組み

電源周りの勉強。今回の目標は PMIC と DC-DC と LDO の違いについて自分の言葉で説明できるようになること。まったく経験がない分野なので本書を読んでみた。

ところで、最近の AC アダプタは、下記のように昔の AC アダプタと比べて小型になっている。これは本書で説明されている AD-DC 変換がトランス方式(リニアレギュレーター)なのか、スイッチング方式(スイッチングレギュレーター)なのかの違いらしい。すなわちこれも LDO と DC-DC の違いの一つである。
http://micro.rohm.com/jp/techweb/upload/2014/05/AC_fig_11-1024x357.jpg
トランス方式とスイッチング方式の比較 | 電源設計の技術情報サイトのTechWeb

基礎的かつ実践的なタイプの本なので、電気回路や電子回路の深いところは省略されている。その分それらが得意ではない私でもなんとか読み通せた。また本書では PMIC については語られていない。ただ本書を読んだあとであれば、検索して当初の目的が書かれている以下の Web の記事が読めるようになった。

当初の目的につながる「違い」の部分を引用しておく。

Q. DCDCコンバータ(スイッチングレギュレータ)とLDOレギュレータ (リニアレギュレータ ) の違いを教えてください

f:id:hiroakiuno:20170916003333j:plain
よくあるご質問-FAQ-: DCDCコンバータ (スイッチングレギュレータ) | セールス・サポート | リコー電子デバイス株式会社

スイッチングレギュレータの基礎長所と短所、リニアレギュレータとの比較
http://micro.rohm.com/jp/techweb/upload/2014/05/fig_30-278x300.jpg
長所と短所、リニアレギュレータとの比較 | 電源設計の技術情報サイトのTechWeb

まず、ディスクリート・ソリューションと比べ、パワーICソリューションは、20%以上コスト効率が高い。次に、4つのディスクリート部品が占める基板スペースに比べると、基板スペースを10%節約できる。三つ目として、パワーICはディスクリート・ソリューションよりも外付け部品が少なくて済むため、全体のサイズとコストはさらに下がる。そして、このBOM(Bill of Material)点数が減るので信頼性の向上につながる。
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/iotnews-media/images/20170203202746/ti02.jpg
テキサス・インスツルメンツ(TI)、FPGAやSoC設計を容易にするパワーIC | IoTニュース:IoT NEWS

自分の言葉でまとめるという目標に戻ると、LDO と DC-DC コンバータ―の違いは、リニアレギュレータとスイッチングレギュレーターの違いに帰着する。厳密には LDO も DC/DC変換 だが、リニア方式をリニアレギュレーター、スイッチング方式を DC-DC コンバータ―と 呼ぶようだ。ざっくりリニア方式の LDO はシンプルなため安いし構成も簡単、スイッチング方式の DC-DC は効率がよいし昇圧もできるという違いがある。PMIC は 確定した定義はありませんとある ものの、複数の DC-DC や LDO を組み合わせさらに保護機能なども内蔵したものといえるようだ。

PMIC と DC-DC の違いは PMIC だと全部パッケージ化されているので、全く同じことやるのであれば PMIC のほうがお得だが、余分なものもついてくるので無駄が出ると DC-DC に比べてコストが上がってしまうことだと思う。

書評 - 一生使える見やすい資料のデザイン入門

一生使える見やすい資料のデザイン入門

一生使える見やすい資料のデザイン入門

プレゼン資料のデザインに関する人気の本。

働き方改革が求められる中で、プレゼン資料の作りこみの時間短縮は課題である。以前、働き方改革について考えたとき、いろんな作業を多少妥協するのも必要ではないかと考えた時もあったが、今はそれは間違いだと思っている。特にプレゼンの準備は徹底的に納得するまでやるべきだと思う。

ではどうやって時間短縮するか。相手に伝わる資料作成は本質的に時間がかかる作業である。特に極限まで無駄を省く作業や、ポイントを明確にした文言や図の作成には内容や聞き手に合わせた試行錯誤が避けられない。一方、資料作りの際は、図形の色を変えながらどれが見やすいか探してみたり、表を縦にするか横にするかどちらが伝わりやすいか迷ったりする試行錯誤にも時間を費やす。後者の試行錯誤については自分でゼロから考えるのではなく、基本的なデザインのパターンを学び、それを元に自分の中に納得したルールを決めておき、しっくりくるアウトプットに素早くたどり着くことが資料作成の時間短縮に対するひとつの解だと思う。

本書はあくまでプレゼン資料の見やすさにフォーカスした本。デザイン的な見やすさに関して迷わずさっと進められる引き出しを増やしておき、残った時間を話し方を練習したり、レビューしたリ、メッセージを研ぎ澄ます作業に費やすべきだと思う。

以下は、本書の中で心に留まった部分。

構成

  • 縦配置は順序関係、横配置は並列・比較関係。 (026)
  • 矢印は複数使わず1つで見せる。矢印の先端は手順間のちょうど半分のサイズに。(053)
  • 棒グラフの縦軸は不要。データラベルですっきり見せる。(062)

フォント

  • 和文はメイリオ、欧文は Segoe UI を使う。 (013)
  • キーワードを極端に大きくするときは、和文は HGS創英角ゴシックUB、欧文は Arial Black を使う。 (074)

強調

  • 強調は基本太字。 (034)
  • 長い文章を強調するときは下線。 (034)
  • 数字は大きく、単位は小さく。数字か単位のどちらかを2段階分文字サイズを変更する。(064)

吹き出し

  • PowerPoint の吹き出し図形は思ったように調整できないので自作する。 (054)
  • 注釈は四角形 + 三角形。 (054)
  • ユーザーの声は角丸四角形 + 三角形。 (055)
  • 折れ線グラフで何か所かをピックアップして説明するときは円の吹き出し。 (063)

  • オブジェクトの枠線は太くしない。枠線をづけずに塗りつぶすか細い線にする。(038)
  • 背景は白をベース、表の内側の線はグレーにする。(064)
  • 文字は中央揃え、長いテキストは左揃え、数値は右揃え。 (064)

その他テクニック

  • Ctrl + Shift で図形をドラッグすると水平または垂直にコピーすることができる。